オーブ国際特許事務所(東京都千代田区飯田橋3-3-11新生ビル5階)-ソフトウェア・ビジネスモデル・電気通信分野が専門です 
オーブ国際特許事務所(東京)

弁理士 青木 修

代表弁理士 青木 修

Osamu AOKI

2006年撮影

日本弁理士会 登録番号11497(1999年登録)

学位:工学修士(情報工学),工学学士(原子力工学),準学士(電気工学)

法律分野:国内特許,海外特許(特に米国特許・中国特許),PCT,国内商標

技術分野:情報系・電気系(情報処理、制御、通信など)

主な経歴

1990: 沼津工業高専電気工学科卒業(首席)(準学士/研究テーマ:誘導電動機のPLL制御)

1993: 東京大学工学部原子力工学科卒業(学科首席)(学士/研究テーマ:計算機による原子核準位の推定)

1995: 東京大学大学院情報工学専攻修了(工学修士/研究テーマ:超並列計算による有限要素法解析)

1999: 弁理士試験合格(計算機工学・電磁気学・原子核工学)・弁理士登録

1999-2002: 特許事務所にてアソシエイトとして勤務

2002-2006: 某国際特許業務法人にパートナーとして参加

2006: オーブ国際特許事務所開設

弁理士として約16年活動、特許業界歴は約19年(2016年1月現在)。

情報処理技術者:第1種・テクニカルエンジニア, 第三種電気主任技術者

英語:TOEIC 885(2003), 805(2010), 工業英検2級 / 中国語:HSK3級(2008)

業務経験

担当した国内特許出願:1000件以上, 特許中間手続:500件以上, 国際特許出願:30件程度

拒絶査定不服審判, 特許異議申立事件, 審決取消訴訟, 特許侵害訴訟(補佐人), 特許調査・鑑定, 商標出願

特許関連の契約書チェック, 企業知財部の研修講師,上場IT企業数社の顧問弁理士の経験あり

海外:米国特許出願・中国特許出願・台湾特許出願・韓国特許出願・欧州特許出願・ドイツ特許出願

海外出張記録

2002.11, 2004.10, 2005.04-2006.05,2008.12,2013.03: 中国(上海, 北京, 沈陽, 大連)

2002.07, 2004.06: 米国(ニューヨーク, ワシントンDC, サンノゼ)

著書・講演・その他

著書:「米国クレームのプリアンブルの解釈について」(パテント, 2004.03)(PDF:276KB)

講演:「中国・台湾・香港での特許取得について」(横浜産業振興公社主催, 2005.12.09)

著書:「中国でのソフトウェア販売時に特有な諸手続」(パテント, 2006.10)

弁理士青木修ウェブサイト

弁理士青木修ウェブログ・・・超不定期更新

ひとことふたこと

こんにちは、弁理士の青木です。見た目は怖そうですか?実は・・・そうでもないです(笑)御興味がある方はブログをチェックしてみてください。