オーブ国際特許事務所(東京都千代田区飯田橋3-3-11新生ビル5階)-ソフトウェア・ビジネスモデル・電気通信分野が専門です 
オーブ国際特許事務所(東京)

特許調査の考え方

特許調査の目的

 特許調査の目的は、主に以下のものです。

特許出願の先行技術調査

製品・サービスが抵触する特許の有無の調査

競合他社の特許出願・特許取得動向のウォッチング、など

 目先の目的は上記のとおりですが、調査の最終目的は、ビジネス上のコストカットにあると考えます。

特許出願の先行技術調査・・・不要な出願の取りやめによるコストカット

製品・サービスが抵触する特許の有無の調査・・・ロイヤルティ件数の低減によるコストカット

競合他社の特許出願・特許取得動向のウォッチング・・・上記の一方又は両方に該当。

特許調査の対象

 特許調査の対象としては、以下のものがあります。

特許掲載公報(特許済みのもの)

特許公開公報(特許出願の公報)

実用新案登録公報(従来法のものと現行法のものが混在)

 先行技術調査の場合、主に特許公開公報を調べます。

 抵触特許調査の場合、主に特許掲載公報を調べます。

 競合他社のウォッチングの場合、目的に合わせて予め調査対象を絞ります。

特許調査の時期

 先行技術調査の場合、出願前、出願書類作成前、出願可否決定時に調査します。

 抵触特許調査の場合、製品・サービスの計画段階、設計段階、販売・実施前に調査します。

 競合他社のウォッチングの場合、目的に応じて定期的に調査します。