オーブ国際特許事務所(東京都千代田区飯田橋3-3-11新生ビル5階)-ソフトウェア・ビジネスモデル・電気通信分野が専門です 
オーブ国際特許事務所(東京)

オーブ国際特許事務所の国内特許業務

取扱業務

技術分野は主に電気・情報分野(電子機器、電機、ネットワークシステム、情報処理、ソフトウェア、ビジネスモデルなど)となります。

各種相談・・・特許出願が必要かどうか、警告書を受け取ったとき、など。

セカンドオピニオン・・・特許出願・審査経過について第2の見解を示します。

発明掘り起こし・・・技術内容をお聞きして特許出願できそうなポイントをピックアップします。

先行技術調査・・・似た技術の公開公報を探します。

特許出願・国際特許出願・・・特許庁へ提出する書類を作成し、提出します。

特許出願の中間手続・・・特許出願後の特許庁とのやりとりを行います。

特許の登録手続・移転手続・・・特許権の売買やライセンス時の特許庁への登録を行います。

特許無効審判・審決取消訴訟・特許侵害訴訟(補佐人)

特許調査・・・ある対象物が含まれる特許を探します。

鑑定・・・進歩性があるか否か、ある特許の範囲に含まれるか否かなど。

顧問業務・・・知財業務をサポート。相談無料、手数料割引などもあり。

基本方針

現状を把握するためにお話し・資料をいただき、考えられるすべての選択肢をご提案します。

一律に特許出願を勧めるようなことはしません。

発明の内容、御社ビジネス上での特許出願・特許の必要性、費用対効果などを考慮して、納得した上で特許出願を行うかを判断していただきます。

 特許請求の範囲・明細書の作成スタイル・・・事情に応じて異なる対応も可能です。

 特許明細書に要求される日本語とは

 手続補正書・意見書の作成スタイル・・・事情に応じて異なる対応も可能です。

 特許年金管理について

標準手数料

 国内業務標準手数料

国内特許出願を検討中のかたへのメッセージ

 国内特許出願を検討中のかたへ

国内知財情報

 国際特許出願(PCT出願)とは

 ソフトウェア特許について

 ビジネスモデル特許について

 法改正履歴:1993-1998, 1999-2005, 2006-, H18(2006)法改正について

 特許調査の考え方

 特許権の移転・実施権・質権の登録について

 特許取得のための要件について

 東京都内の助成金情報

 弁理士法(抜粋)