オーブ国際特許事務所(東京都千代田区飯田橋3-3-11新生ビル5階)-ソフトウェア・ビジネスモデル・電気通信分野が専門です 
オーブ国際特許事務所(東京)

オーブ国際特許事務所の海外特許業務

取扱業務

主に英語圏、中国語圏を取り扱います。

 各種相談

 先行技術調査

 特許出願の中継

 中間手続の中継

 国際特許出願の海外国内移行の中継

 特許調査・鑑定

 特許翻訳

 日本特許出願(日本語明細書)がなくても、英語の特許出願書類を作成可能です。

海外の現地代理人との連携

 海外特許業務のうち、調査・鑑定・特許出願・中間手続は、現地代理人への中継をします。

 当事務所は、現地代理人とクライアント様との間に入ります。

 相談は、当事務所で原則お受けします(必要に応じて現地代理人への問合せもします)。

 現地代理人に関しては、「海外連携」をご覧ください。

基本方針

 オーブ国際特許事務所では、現地代理人・翻訳業者への丸投げはせず、逐一、書類のチェックをしています。丸投げでは、当方の存在意義がありませんから。

 現地代理人への指示・問い合わせを円滑に行います。日本語の質問や指示を単に翻訳して送っても、現地代理人に理解されないことがあります。現地代理人とのコミュニケーションにもテクニックが要求されます。

 一般的に欧米の代理人費用はすべてタイムチャージであり、日本の弁理士からは手数料請求されないような些細な作業(特許公報の送付等)についても請求が来たります。オーブ国際特許事務所では、できるかぎり日本の商慣習に合うように現地代理人に指示しています。

 現地代理人の作業時間をできる限り減らすようにして現地代理人の手数料を低く抑えるようにしています。また、現地代理人の手数料が適正かどうかを常にチェックしています。

 翻訳について

 海外特許・特許出願維持管理について

標準手数料

 海外業務標準手数料

海外特許出願を検討中のかたへのメッセージ

 米国特許出願を検討中のかたへ

 中国特許出願を検討中のかたへ

各国基本情報

 米国特許出願の基本情報

 中国特許出願の基本情報

 台湾特許出願の基本情報