オーブ国際特許事務所(東京都千代田区飯田橋3-3-11新生ビル5階)-ソフトウェア・ビジネスモデル・電気通信分野が専門です 
オーブ国際特許事務所(東京)

米国特許出願の基本情報

米国特許出願の代理人

 米国の現地代理人にはPatent AttorneyとPatent Agentがいます。Patent Attorneyは弁護士資格とPatent Agent資格を有しています。

 米国特許弁護士の手数料は、タイムチャージで計算され、概ね1時間US$300~500です。些細な作業でも所要時間分を請求されることがありますので、注意が必要です。

米国特許出願に必要な書類

 英語の明細書・図面が必要です。

 委任状宣言書も必要です。

 発明者から企業等に特許を譲渡する場合には、譲渡証も必要です。

 場合に応じて情報開示陳述書(IDS: information disclosure statement)も提出します。

出願人

 発明者の他、譲受人なども出願人になれます。例えば、企業が譲受人となります。

 小規模体(Small Entity)に該当する場合、ほとんどの米国特許商標庁費用が半額とされます。出願人および譲受人が、個人や、製造業で従業員が500人未満の企業などの場合に該当します。

 出願人等が知り得た情報で審査上重要な情報(文献、先行出願等)は、情報開示陳述書(IDS)で米国特許商標庁に開示する必要があります。日本語の文献の場合、原則として英訳を添付します。

米国特許出願に特有の制度

米国特許に特有の制度としては、仮出願・継続審査請求・情報開示陳述書の提出などがあります。

 米国特許の情報開示陳述書(IDS)について

 米国特許のスモールエンティティ(small entity)について

 米国特許のクレーム解釈について